グレゴの音楽一座

井の頭公園に登場したグレゴ音楽一座は、メルヘンチック

蝶々の形の翼に葉っぱの羽を持つ夢の鳥、楽団員のマージャ。三日月形のハープを弾き、果実のバイオリン、シンバル、パンパイプを同時に演奏します。

楽器が人形になり、人形が楽器を演奏するすてきな一座。

座長もひげもじゃ、はちゃめちゃグレゴです。
グレゴ音楽一座のホームページへ →
「Watch Video」 からその演奏と音色が聴こえます。

楽器が人形になり、人形が楽器を演奏する!
ヨーロッパゆかりの古楽器にオリジナル楽器を織りまぜた生 演奏あり、お話ありのバラエティに富んだライブショー展開。中世の香り漂うダンスミュージックに誰もが心ウキウキ。
タップダンスを踊る蜘 蛛には手に汗握ってハラハラしどおし。

グレゴの音楽一座パンパイプを吹くマージャ

グレゴの音楽一座ハープを弾き、バイオリンも弾くマージャ

グレゴの音楽一座

井の頭公園にメルフェンの世界を創り、癒しをもたらすグレゴさん。マージャのボディ部分の楽器は、ボウド・プサルテリー
(Bowed Psaltery)

グレゴの音楽一座
「Watch Video」 から、ぜひ、その楽しいタップダンスの動きを見てください。

おすすめの記事