井の頭公園

井の頭池の白蛇伝説と宇賀神像

白蛇伝説絵馬

(豆知識99 No.16)

井の頭池の主、白蛇伝説

むかし、むかし、
子供のいなかった世田谷の長者夫婦が
弁財天に願をかけました。

「どうか、私たち夫婦に
子供を授けてください」

すると、

首筋に3枚のウロコを持った
かわいい娘を授かりました。

「まるで、弁天様のようだ」
育つにつれて、美しく、
気立ての良い娘に成長しました。

評判もよく、
「うちの嫁に」という声が
多くよせられました。

しかし、
16歳になった娘は、打ち明けました。

「じつは、わたしは池の主の化身です」

そう言うと、娘は池に身を投げました。
その姿は、みるみる白蛇に変わっていきました。

宇賀神像

長者夫婦が祭った宇賀神像

驚いたのは、また、悲しんだのは
今まで育ててきた長者夫婦です。

しかし、二人にはどうすることもできません。
長い間、長者夫婦はご飯も食べられず、
みるみる衰弱してしまいました。

すると、
池の中から声が聞こえてきたのです。

「いつまでも悲しまないで、
わたしは、いつもこの池の中から
お父さん、お母さんを
弁天様と一緒に見守っています」

長者夫婦はたがいに顔を見合わせ、
手をとりあうと、
しっかり立ち上がりました。

そして、長者夫婦は
人頭蛇身の蜷局(とぐろ)を巻いた
宇賀神像を弁財天に寄進しました。

pagetop