吉祥寺イルミネーション

JR吉祥寺駅北口前のイルミネーション「ださい」を考察

吉祥寺イルミネーション・アンケート

  • 吉祥寺:とてもよい 7%/悪い 34%/とても悪い 32%
  • 三 鷹:とてもよい 16%/悪い 10%・/とても悪い 16%
  • 武蔵境:とてもよい 22%/悪い 28%/とても悪い 09%

確かに数字的に、悪い・とても悪いで66%。
数字的に興味深いのが、武蔵境。良い 38%/悪い 28%。好き嫌いが分かれている。

三鷹は、おおむね普通から良い。

吉祥寺イルミネーションのどこがダサい?

みな抽象的な表現や感想で具体的なことは言っていない。そこで、デザイナーの私が具体的に書いてみます。
(好き嫌いがあるから、文句を言わないでくださいね)

まず、シンメトリーで動きがないので、静的なイメージである。三鷹や武蔵境は、木々をうまく使っていて、様々な動きがある。

その中にアーチがあり、動物もいたりしてメルヘンチックで夢を感じる。

駅のメイン飾りと周りの飾りに一体感がないので、夢やメルヘンが思い浮かべられない。

なので、基本的なコンセプトがないのではないだろうか?

イルミネーションの起源は?

宗教改革のあのルター(ただの木こりとも)が、森の中で星空を見上げ、その美しさを子供達に伝えたいと、モミの木にロウソクを飾ったのが起源だそうです。

しかし、木にロウソクは、燃えそうで危ないですよね。そこで、電球を発明したエジソンが電飾にしたのだそうです。

クリスマス・ツリーの規模が大きくなったのがイルミネーションなんですね。その始まりは、「子供達にあの美しい星空の感動を!」が起源なんです。

イルミネーションは感動させることが目的

そこで、もう一度吉祥寺のイルミネーションを見てみましょう。どんな用途、目的、理由をつけても、「感動」がないのです。

だから、吉祥寺イルミネーションは、根本的に間違っています。

どんな美しさを子供達に見せ、「感動」してもらいたいのか、そこから、関係者は始めたらどうでしょうか。

東京ドイツ村東京ドイツ村

おすすめの記事