yamaneko001.jpg

ヤマネコの赤ちゃん、体重は1,038グラムに!

井の頭自然文化園では、
2014年3月17日に国内初の
人工授精でアムールヤマネコの
赤ちゃんが誕生した。
6月3日から、
母親の行動などを確認しながら、
子猫を公開エリアに出す練習を開始している。
今回、誕生した子猫は、
2014年1月に実施した
人工授精が成功したもので、
アムールヤマネコでは初めてのこととなる。
これまで親猫・子猫は共に
過ごしてきたが、
生後約60日後の5月18日、
第1回のワクチン接種のため、
親猫と子猫を初めて分離した。
マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2014/06/11/224/

ところで、アムールヤマネコって?

東南アジアにひろく分布する
ベンガルヤマネコの亜種で、
ツシマヤマネコと同亜種。
灰褐色の体に小さな斑点があります。
イエネコの耳とちがって、
アムールヤマネコの小さな耳は丸みがあり、
裏側に白斑があります。
ヤマネコは毛皮として珍重されるうえ、
生息地が減っているために、
急激に数が減っています。
井の頭自然文化園のアムールヤマネコは、
東京都とソウル特別市の
友好都市提携10周年記念として贈られたものです。
アムールヤマネコ| 東京ズーネット
https://www.tokyo-zoo.net/encyclopedia/species_detail?code=338

おすすめの記事