弁天池かいほり
(2015.12.12撮影:他も同じ)
井の頭公園の弁天池の水が大分減ってきて、
半分以上沼の底が見えてきました。
けっこう時間がかかるんですね。
さすがに前のように外来魚やゴミは
あまり見えませんでした。
それにしても、
水を抜いて、天日干しして、
それから水を入れる作業は
大変時間のかかることですね。
かいぼり」について
以下にまとめてみました。
豆知識6 かいぼり▶︎
豆知識7 かいぼり効果▶︎
豆知識8 かいぼり隊▶︎


弁天池かいほり
井の頭公園の弁天池で「かいぼり」進む 池底歩くツアーも▶︎
(記事より)
水が抜けて底に
降りられるようになった同池では
池底を歩く催し
「キミも池底人(ちていじん)になろう!
いのかしら池底ツアー」を12月12日から行う。
企画・運営はPO法人「生態工房」
(吉祥寺本町4、TEL 0422-27-5634)。
13時に同園内の弁財天付近に立つ
「ちいさい秋みつけた」歌碑前に集合し、
1時間程度池の中を探索する。
汚れてもいい服、
長靴着用での参加を呼び掛ける。
同池では護岸補強工事を済ませた後水を入れる。
同園内にあるお茶の水池、ボート池、
ひょうたん池のかいぼりは
2014年以来2年ぶりとなる
来年1月から予定している。
水抜き作業は1月14日に始める。
ツアーの開催日は土曜、日曜、祝日(12月29日~1月3日を除く)。
先着15人。事前予約不要。
2016年1月11日まで。
詳細は同園内に設置された案内所「かいぼり屋」へ
弁天池かいほり

おすすめの記事