吉祥寺 まぐろ人

吉祥寺駅地下[まぐろ人]

まぐろ人の中でも、こじんまりした吉祥寺店

カウンターの醍醐味が味わえます。廻転寿司として出ていますが、廻転寿司ではありません。

「立川 まぐろ人」は、廻転寿司でもそれなりによかったです。時間によって、今日のオススメみたいな魚を紹介するサービスなどあったりして。

が、そういう店の意欲みたいなものはなくなり、今年に入って居酒屋チェーン店みたいな注文タブレットが入り興ざめしました。

確かに店にとっては合理的で、仕入れにも無駄がなくなり経営的によいのでしょうが、たんなるマニュアル店になってしまったような印象です。

「国分寺 まぐろ人」も日本酒にかなりこだわっていて良かったのですが、もうありません。

「吉祥寺駅地下 まぐろ人」も廻転寿司でかなり広かったですが、かなり前に閉店しました。まぐろ人はチェーン店なのに、規模もスタイルもお店によって全然違います。

これって何なのかな?っと、検索してみましたが、なにも出てきませんでした。地域・規模により戦略を変えているのか?店長さんに一任なのか?

けっこう、個性的な職人が多いです。この「吉祥寺 まぐろ人」の二代前のそれぞれの店長、自分でお店を構えているような個性的な親方でしたね。

塩や酢にもこだわる、質もコスパも最上級な吉祥寺の「こだわり廻転寿司 まぐろ人」
http://getnavi.jp/cuisine/70859/

「シャリに合わせる酢は酒粕を半年かけて発酵、熟成させた酒粕酢だ。塩は味がまろやかな長崎対馬産の藻塩にこだわって使っている」

吉祥寺 まぐろ人

おすすめの記事