水生物館正面
(豆知識99 No.15)
七井門入口から入ると一番奥に井の頭文化園・水生物園があります。入口正面にも池があり、魚が泳いでいます。澄んだ水ですので、きれいに水草も生えています。
水生物館は小さいながらも、いろいろな生物が、自然に近い環境の水槽の中で暮らしています。オオサンショウウオ、ニッコウイワナ、カイツブリ、ウシガエル、タナゴ、アズマヒキガエルなどが飼育されています。
中でも、カイツブリの水槽は水面を境に、水の中と上が見られるようになっていて、カイツブリが水中に魚を追いかける姿も眺められます。とても可愛いです。さすが、井の頭池の象徴といえる鳥です。
水生物園マップ


suiseibutu-en2.jpg
水生物館正面にある池にも、魚が泳いでいます。
カイツブリ
井の頭池を代用するカイツブリがとても可愛い。
オオサンショウウオ
オオサンショウウオを間近で見るのは初めてです。池の主、森の主で大昔よりここにいるといったふてぶてしさがなんとも不気味です。
ニッコウイワナ
ニッコウイワナの群れ。自然の中と同じような環境で泳いでいるかのようです。石に生えた苔(?)が、まるで本物の川の中を思わせます。
suiseibutu-en4.jpg
この大きな亀(カミツキガメ?)も、のっそりと動いていました。
suiseibutu-en7.jpg
suiseibutu-en8.jpg
suiseibutu-en9.jpg
カエルは、特に集団でいると気味が悪いです。ヌメっとした感じがなんとも嫌です。イボイボは最悪。

おすすめの記事