上空から捉えた井の頭公園
こんな、井の頭公園の桜は
はじめて見ました。
空からのショットです。
私が撮影したのではありませんが、
ぜひ皆さんにも見てもらえたら
と、思いお借りしました。
ふだん見ていた井の頭公園の桜も、
このように上から見ると、
別世界のような顔をしています。
能や歌舞伎の世界、
みやび、
平安の華やかさ、
といったものを感じます。
あるいは、怨念の世界にも通じます。
そういえば、
坂口安吾が「桜の森の満開の下」の中で
桜の木の下には死体が埋まっている!
と、書いていました。
そんな、彼岸の世界を
垣間見るような気もしてきます。
そして、
なにより驚いたのが、
撮影した方が、
外国人の写真家、Danilo Dungoさん。
この方の他の写真を見ても、
日本の美をうまく写し撮っています。


思わず息を呑む美しさ!上空から捉えた「桜の河」が素敵♡
(記事より)
Daniloさんが撮影したこの1枚は、都内有数のお花見スポットである「井の頭公園」を空撮したものです。
咲き誇る桜の美しさはさることながら、注目すべきは公園の中心に佇む「井の頭池」。
水面が散った花びらでピンクに染まるその様子は、まるで"桜の河"ですね!
彩度が高い画質設定により、お花見客のブルーシートさえも作品のアクセントとして、桜の魅力を引き立てているようです。
今まで気付かなかった桜の表情をフィルムに収めたDaniloさん。
上空から捉えた井の頭公園

おすすめの記事