あさみ ちゆき
2017年5月7日
井の頭100歳で、
とうとう彼女のライブを見ました!
素晴らしい声でした。
月並みな表現ですが、
さすがプロ!と思いました。
追っかけもたくさんいて、
微笑ましかったです。
あさみ ちゆき さん、
ありがとうございます。
(この記事のわだかまりも
 消えました)
中止です。
(23日15:00pm追記)
昨日のうちにお知らせできませんでした。
お詫びいたします。
現地に行って、
近くのお店の人に聞いたのですが分からず、
サイトにアクセスしたら
喉の調子が良くないとのことでした
(20日のお知らせ)。
▶ http://yaplog.jp/asami_chiyuki/archive/6785
〈無料〉の路上ライブのことですから
文句は言えませんが、
3日前の喉の調子うんぬんで
コンサートを中止する
選択をするのでしょうか...?
長い間、井の頭公園ブログを
やってきましたが、
「あさみ ちゆき路上ライブ in 井の頭公園」
200回を迎えるというのに、
見たことがありません。
全然遭遇してなかったのです。
土・日は結構行っているのですが...
で、この記事を見て
「今度はいつ?」と思ったのですが、
日時が出ていませんでした。
で、調べてみました。
井の頭公園ストリートライブ 7月23日(土)14:00~(雨天中止)
あさみちゆき-Asami Chiyuki-Official Web Site
あさみちゆき[スケジュール] / TEICHIKU RECORDS
でもなんで、
この記事には中止が
出ていないのでしょうか?
何か問題があるのかもしれませんが、
それなら記事を
配信しなければいいことですよね。
(記事より)
'03年にデビュー。『井の頭線』『青春のたまり場』『鮨屋で...』など、昭和の流行歌やフォークソングを彷彿とさせる悲しげな曲調で、過ぎ去った恋愛や家族愛をテーマにした歌が団塊の世代を中心に共感を呼んだ。'07年には、数々の名曲を生んだ作詞家・阿久悠氏がその歌声に惚れ込み、彼女のために全曲書き下ろしたアルバムも発売。デビュー後も月に一度のペースで井の頭公園で路上ライブを続けており、いつしか"井の頭公園の歌姫"と呼ばれるようになったという。
井の頭公園でのライブは、間もなく通算200回を迎える。コンサートホールを満杯にできる人気を持ちながら、路上ライブを続ける理由を聞いてみた。
 「"あさみ ちゆき"という歌手を生み、育ててくれたのが井の頭公園と、そこに集まってくださる人たち。だから、私にとっての大事な故郷なんです。戻るべき場所であり原点。これからもずっと続けていきたいですね」
歌謡(うた)のマドンナ あさみ ちゆき 路上ライブで約300人を集める"井の頭公園の歌姫" 「この場所が歌手としての大事な故郷なんです」▶

おすすめの記事