井の頭公園

井の頭公園 七井橋

七井橋

(豆知識99 No.19)

七井橋」は、水生物園がある中の島にかけられた井の頭池でもっとも有名な橋です。ウィークデイでも、人が途切れることはありません。ましてや、休日・祭日はたくさんの人たちが行きかっています。

桜の季節、紅葉の季節、ここから東の方に井の頭池を眺めるのが、いかにも井の頭公園と分かる撮影スポットです。誰でも、この橋を渡る人は一度は足を止めて、両サイドの景色を眺めます。

今は水質を守るため、池のコイや水鳥にエサをやることは禁じられていますが、以前はエサを持って欄干を叩くと、たくさんのコイが大きな口を開けて集まってきます。水鳥たちも同じく、ガアガア鳴きながら集まってきます。コイと水鳥のエサの争奪戦になります。その時のコイのオヤジ風ドヤ顔は、ホント面白い!

フォトギャラリー〈井の頭池 鯉と鴨〉参照

1932年(昭和7年)に、七井橋はコンクリート製擬木橋に変えられました。擬木橋にするなら、もう少し自然な感じにしてほしかったですが、ご覧のとおりコンクリートの橋です。

ちなみに、中の島から反対側に架けられた橋を、「狛江橋」といいます。

七井橋の石碑東の方から見た七井橋
西から見た七井橋

狛江橋
狛江橋
狛江橋

pagetop