井の頭公園

はな子をスケッチしに 水森亜土さん

水森亜土さん
出典

(豆知識99 No.5)

100歳の井の頭公園 番外編2

(読売新聞:2017年5月の記事より)

井の頭公園は犬との散歩コースです。公園にある井の頭文化園の脇を通ると、昨年5月に69歳で死んだアジアゾウのはな子さんを思い出します。スケッチブックに描いたこともありますし、はな子さんが生きていた頃、文化園でお絵描きのイベントをしたこともあります。

公園は、いるだけで幸せになれます。緑の中で深呼吸すると、お腹の中にスーッといい空気が入ってくる。それがなんとも言えないぐらい気持ちいい。それぐらい緑が好きです。

公園の近くに住むのは、ずっと憧れでした。日本橋で生まれましたが、家の近くではハトやカモメが見られるくらい。ビルばかりのコンクリートジャングルで育ったから、緑に囲まれて暮らせたら幸せだなとずっと思っていました。ここを離れることは考えられません。

文化園には彫刻家、北村西望(1884〜1987年)のアトリエがあります。そのそばに、私の絵を展示してくれる場所ができて、見てもらえたらいいなと思っています。その夢がいつかかなえばいいですね。

そういえば、武蔵野市も最近はビルが増えて、私が来た頃に比べて梅林などが少なくなってきたのはちょっと残念ですね。井の頭公園は自然を生かした公園ですし、動物も幸せですよね。頑張って自然を守ってほしいです。

(聞き手・鯨岡学)

pagetop