井の頭公園

井の頭公園・三角広場


三角広場

(豆知識99 No.24)

三角広場は、京王・井の頭線の井の頭公園駅から1分

京王・井の頭線の井の頭公園駅(吉祥寺駅から1駅)の裏手にある広場を、「三角広場」と呼びます(写真・上)。井の頭公園・東端から3分ほどです。京王・井の頭線の高架をくぐると、その先が三角広場になります。(駅からは1分)

上の写真のように、広い運動場のようです。ですから、休日は家族連れや運動サークルの人たちが、ゆったり休日を楽しんでいます。

井の頭公園駅井の頭公園入り口京王・井の頭線の高架

左には、清らかな神田川

井の頭公園駅を出て右に公園の入り口があります(写真では左側)。入り口の階段を降りると、すぐ高架下になります。その下をくぐると三角広場に出ます。左には、清らかな神田川が流れ、カモたちも遊びに来ています。

餌を与えるオジさんのせいでしょうか、ここにいるカモたちは人に慣れています。

「あれ!井の頭池では、餌やりは禁止されていたはずですが、ここでは、いいのかな」

また、ここにいるムクドリも慣れていて、おじさんの投げる餌を空中でキャッチしていました。速くて、写真に撮ることはできませんでしたが。

三角広場の手前は、三角三角広場のわきを流れる神田川神田川で遊ぶカモたち

このカモたちも、オジさんの投げる餌を求めて川から上がってきた瞬間です。写真に収めることができました。

pagetop