井の頭公園

井の頭公園・豆知識 99

井の頭公園 家康とお茶の水

「家康が自らの手で水を汲み、関東随一の名水だと誉めて、お茶を入れるのに使った」と、『江戸名所図会』と『神田御上水源井之頭弁財天略縁起』に記されています。(2017.11.14)

井の頭池の白蛇伝説と宇賀神像

「じつは、わたしは池の主の化身です」そう言うと、娘は池に身を投げました。その姿は、みるみる白蛇に変わっていきました。(2017.11.13)

井の頭文化園・水生物園2

七井門入口から入ると一番奥に井の頭文化園・水生物園があります。入口正面にも池があり、魚が泳いでいます。澄んだ水ですので、きれいに水草も生えています。(2017.11.13)

井の頭文化園・水生物園1

井の頭文化園チケットの切り取られる部分は、動物園(本園)入場券と水生物園(分園)2つの入場券があります。1日に両園入らなければならないということではありません。(2017.11.13)

井の頭公園アートマーケッツ

「井の頭公園アートマーケッツ」は、公園を核とした賑わいの創出のため、手作り作品の出展や、パフォーマンスの出展を、登録制で実施する事業です。(2017.11.13)

広重「井の頭の池 弁財天の杜雪の景」

北側広重は、北斎の作品を見て絵師になることを決意。初めは役者絵や美人画を描いていましたが、最終的に風景画で名声を手にすることとなりました。(2017.11.13)

広重「名所江戸百景 井の頭の池弁天の社」

井の頭池付近は、将軍と庶民から人気があり、江戸から少し離れていますが、名所として知られていました。歌川広重は、そこを美しい構図にした「名所江戸百景:井の頭の池弁天の社」を描いたのです。(2017.11.13)

井の頭公園ボート都市伝説

井の頭公園でボートに乗ったカップルは別れる。何十年も前から言われている都市伝説です。弁天様が「イチャイチャするんではないぞ」と呪いをかけるんだそうです。(2017.11.13)

井の頭かんさつ会

「2000年頃より、カイツブリの暮らしが年々おかしくなったのです。カイツブリが食べる在来の小魚やエビが減ったのが原因でした」と自然観察指導員で代表の田中利秋さん。(2017.11.13)

井の頭公園かいぼり隊

かいぼり隊は外来種の駆除や調査を行うだけでなく、井の頭池のようすを市民に伝えてもいます。池のとらえた生物の展示や解説もしています。弁天池の「かいぼり」の時は、池底の探検ツアーなども行っていました。(2017.11.13)

pagetop